タグ・アーカイブ: 日本蜜蜂

3件のコメント

分蜂のピークを考慮すると、金稜辺の開花は、3月末が望ましい。

しかし、室内環境では、毎年、4月中旬の開花となってしまう。

そこで今回は、ビニール温室を使うことで昼間の環境を20℃以上にすることにした。

夜間は、セラミックヒーターで5~10℃を保つようにした。

2016y01m30d_232638044

今のところ、順調に成長しているようだ。

下の写真は、ミスマフィットだ。

2016y01m28d_231324609

 

 

2016y01m28d_231333621

 

 

 

 

 

 

 

これは、金稜辺の原種。

 

 

 

ちなみに、機器組込用 デジタルサーモスタットは、アマゾンで2980円で購入した(ケースは自作)。2016y01m30d_232800695

 

この機器組込用 デジタルサーモスタットは、最大容量1000Wまでコントロール可能で、到達温度までON またはOFFの状態に出来るため、加熱、冷却 どちらでも利用可能。

 

現在、さらに安いデジタルサーモスタットが売られているようだ。

 

 

セラミックヒータは、近所のホームセンターで、600Wのものを1800円で購入した。シーズン終わりの処分品を狙うと、安く購入できる。

 

温度計は必需品。

 

最低温度と最高温度を記憶可能な温度計が安価(1190円)で売られていたので、購入し、設置してみた。

最低温度と最高温度を知ることができ、非常に便利だ。

 

2016y01m30d_232856263

クレセル 室内・室外 デジタル温度計 最高・最低温度 時計付き AP-07W