知らないと損する「黒ニンニク」パワー

ニンニクが元気食材であることは、健康食品のテレビCMなどから、なんとなく気づいていると思う。

でも、ニンニクの効能はそれだけじゃないだな、これが。

ニンニクは、1990年にアメリカの国立機関によって選定された、健康に役立つとされる食品40種の頂点に立つ食材であることや、生活習慣病の改善や大腸ガンの予防にまで役立つ、とうことまでは、意外に知られていないかもね?

これについては、元看護師おばあちゃんが、こちらのサイトで詳しく説明されています。

とはいっても、ニンニク特有のあの匂いがね~。

ところが、黒ニンニクに加工すると、あ~ら不思議、まるでドライ・フルーツのような食感で、匂いも気にならないのだ。

「これって本当にニンニクなの?」

黒ニンニクは、生ニンニクを発酵させたもの。

発酵作用により、ニンニク内のタンパク質の一部がアミノ酸に、炭水化物は果糖に分解される。

で、この発酵の過程において、両者が反応することにより黒色に変わる、ということだ。

しかも、ニンニクのパワーは、生の場合よりも強力になるのだ。

例えば、黒ニンニク特有の「S-アリルシステイン」。

S-アリルシステインは生ニンニクにはほとんど含まれない成分。

つまり、生ニンニクに含まれるアリインやアリシンが熟成により、S-アリルシステインに作り換えられる、ということだ。

ちなみに、ニンニクの臭いの元はアリシンが硫化アリルに変わることで発生するとのこと。

そうか、だから黒ニンニクは匂いが気にならないのだ。

で、このS-アリルシステインの効能といえば、「抗がん作用」と、「抗酸化作用」が挙げられる。

S-アリルシステインの「抗がん作用」

NK(ナチュラル・キラー)細胞が体内の異常細胞を攻撃する働きを有する免疫細胞であることは周知の事実。

がん細胞も体内の異常細胞であることから、当然にNK細胞の攻撃対象になる。

S-アリルシステインによってこのNK細胞の活性が高められることが確認され、このことが、黒ニンニクが注目されるようになった要因のひとつとされる。

S-アリルシステインの「抗酸化作用」

活性酸素は体にとって必要ですが、過剰に存在すると体に害になる(酸化される)ことはよく知られている。これを回避するため、抗酸化物質を日常的に摂取することが重要になる。

S-アリルシステインは、ポリフェノールなどと同様に抗酸化物質として作用することが知られている。

 

黒ニンニクの作り方

生ニンニクを発酵させることにより、黒ニンニクを作ることができる。

発酵といえば、乳酸菌や納豆菌などの菌類による「微生物発酵」が良く知られているが、黒ニンニクの場合、自身の持つ酵素による「自己発酵」を利用する。もっとも簡単なのは、炊飯器の保温機能を利用することだ。

ということで、我が家で栽培したニンニク(右の写真)を使って黒ニンニクを作成してみる。

黒ニンニク作成では、「青森県産 にんにく ホワイト六片」が好まれるが、今回はジャンボニンニクを使ってみた。

ジャンボニンニクは、実はニンニクではなく西洋ネギであるリーキの仲間だが、自身の持つ酵素による「自己発酵」が可能だ。つまり、黒ジャンボニンニクを作ることができる。

このジャンボニンニクをそのまま炊飯器(5合炊き)に入れると、5~6個しか入らない。

そこで、バラシてから炊飯器に入れることにした。

 

 

これは、ジャンボニンニク10個分(だと思う)。

ニンニクから沢山の水分が出るので、釜の底に「蒸し目皿」を敷き、焦げ防止のために、新聞紙で覆うと良い。

 

 

蓋を閉め、2週間ほど保温状態にすれば、熟成が進むことにより、白色の生ニンニクが黒色に変わります。

「2週間」というのは、あくまでも目安です。

何度か作成すれば、好みの熟成度を発見できると思います。

1個食べてみて満足できたら、炊飯器から取り出し、2~3日陰干しすることで余分な水分を飛ばした後に、ガラス瓶などに入れて冷蔵庫で保存するのが良いと思います。

保存期間は、冷蔵庫で約6か月といわれています。

熟成中のニンニク臭が気になる場合、炊飯器を屋外に置くことをお勧めします。

ちなみに、炊飯器のなかには、一定時間経過した時点で保温状態が解除されるものがあり、そのようなものは、黒ニンニク作成には、使用できないので、要注意です。

もし、これから「黒ニンニク専用機」を新たに購入するなら、炊飯器ではなく、保温専用の電子ジャーがお勧めです。

その理由は、蒸気が出ないので、ニンニク臭が少ないからです。また、炊飯器に比べて電子ジャーのほうが安価です。

 

黒ニンニク作成用として人気なのは、以下の通りです。

タイガー 電子ジャー「炊きたて」 保温専用 一升 カトレア JHG-A180-FT。保温米飯容量(L): 1.8(1升)。

象印 電子ジャー 保温専用 しあわせ 1升用 スイートピー TYA-C18-FX。保温米飯容量(L): 1.8(1升)。

ZOJIRUSHI 電子ジャー 保温専用 しあわせ 1升用 TYAK-C18-FC ホワイトバレリーナ保温米飯容量(L): 1.8(1升)。

もっと大きいものをお望みでしたら、

象印 電子ジャー 保温専用 しあわせ 1.5升用 スイートピー TYA-C27-FX

 

 

また、黒ニンニク作成用として、

「青森県産 にんにく 業務用 1kg ホワイト六片L サイズ中心」がお勧めです。

中国産などは安価ですが、お勧めしません。

中国産などは、ニンニク玉1個に12片入っているため、1欠片のサイズが、青森県産ホワイト六片に比べて小さい(薄い)。それは仕方のないことですが、熟成により更に小さく(薄く)なると、食べ難い(食べた気がしない)のだ。

また、市販されているものには、発芽抑制剤で処理されているものがあるので要注意です。健康維持のために食するものが「薬漬け」というのは如何なものか。

 

以上、黒ニンニク記事は如何でしたか?

簡単に作成できると思いますが、それでも自分で作るのはやっぱり面倒、というかたには、こちらをお勧めします。

スズメバチ対策はお済ですか?

8月中旬ですが、ここ茨城県石岡市は、まるで梅雨のような天気が続いています。

部屋干しの洗濯物にも嫌気がさしますが、養蜂家にとっては、厄介な「スズメバチシーズン」の到来ですね。

オオスズメバチ(働き蜂)が集団で飛来し、ミツバチの巣門付近に居座り、ミツバチを片っ端から噛み殺して行く様を目の当たりにすると、怒りも頂点に達する、というもの。

頻繁にメンテナンスできない場所に置いてある巣箱の場合、スズメバチ対策無しでは、ミツバチの逃避あるいは全滅を招くのだよ。

巣箱全体を金網で覆うことは効果絶大だ。

しかし、巣箱が増えると、コストが無視できない。

ということで、今回は、巣門付近に簡単に設置できるものを作ってみた。

構造は、木の枠に金網を張ったもので、極めてシンプルだ。

 

 

秋田杉のコンパネ(安価で木目が綺麗)を使用し、腐食防止のため、手持ちの塗料でコーティングしてみた。

この大きさなら、コンパネ1枚で、12~15個ぐらいは製作可能だ。

 

 

巣門に延在するように取り付けられた板の上に、今回製作したものを載置してみた。

この板の先端部との間に約1cmのスリットが形成される。

このスリットは、ミツバチが帰還する際に利用される(写真で確認できるかな?)。

ミツバチは、巣門から飛び立つ際、少々面倒そうに金網を通過する。

ミツバチの出入りが互いに異なる箇所からそれぞれ速やかに行われることで、オオスズメバチからの攻撃を回避できそうだ。

 

ところで、今回、金網止めに使用したツールはこれだ。

小型のタッカー

アマゾンで¥734で購入。

イスの補修や、パネル張り等、用途は様々。

それにこのタイプは、2ウェイということで、書類を綴じるための中型ホチキスとしても機能するのだよ。

あると便利だ。

本体にサンプル針が付属しているが、すぐに無くなるので、針の同時購入をお勧めします。

 

アカリンダニ対策

巣箱の清掃で、巣箱内で大量の蜂が死んでいるのを確認した。飛べずに歩き回っている蜂もいる。
アカリンダニか?

 

被害拡大を回避するため、とりあえず、メントール処理を行うことにした。

ニホンミツバチ巣箱では1群あたり30gが基本とのこと。メントール30gを三角コーナーのネットに入れ、それを巣箱の最上部(スノコの上)に置いた。

 

メントールはこちらで購入。

 

メントールは蜂も嫌います。季節によって使用量を変更しなければなりません。メントール処理法については、前田先生のサイトを参考にさせていただきました。

 

また、巣門にショートニングパフ(パーム油)を塗った。巣門から出入りする蜂の足にパーム油を付着させるのが狙い。

蜂の足に付いたパーム油の匂いで、ダニの雌の移動を抑制し、蜂への感染を抑えることができるらしい。

 

もっとも、この方法は、蜂が巣門から出入りすることが前提とされるから、冬場は効果が期待できない。

冬場は、パーム油に砂糖を混ぜて給餌することになるでしょう。

 

食用のパーム油は、製菓・製パンなどに使用されるもので、容易に入手可能だ。

 

ショートニングパフ(パーム油)はこちらで購入。

 

1週間ほど経過した時点で、巣箱内の蜂の死骸が激減した。2週間後には、ほとんど自然死レベルに戻っていた。効果的だ。

この時期は、蜂のサイクルが短いので、アカリンダニについては、それほど心配する必要はないかもしれない。

 

 

 

 

新たに巣箱設置場所を確保

巣箱設置場所を確保できた。

そこは、またもや耕作放棄地です(下の写真)。

 

写真からは想像できないが、以前は、桑畑だったらいしい。

それにしても、木漏れ日がとてもいい感じだ。

ここなら、真夏の直射日光や、人目を気にしないで済む。

 

 

草刈り機で、雑草(篠)を刈り取ることにした。

このような場所は、スズメバチの巣にも注意が必要だ。

幸い、スズメバチに遭遇することななかったものの、藪蚊に顔を刺された。

 

2時間ほどの草刈り作業で、人が通れるようにした(下の写真)。

 

 

 

近日中に、巣箱をここに移動する予定。

周囲は典型的な山里で、蜜源になる花が多そうだ。

巣箱設置を了承して頂いた地主に感謝。

後日、ここで採取した蜂蜜を持参して、耕作放棄地の有効利用について小生の考えを伝えたいと思う。

 

 

今回使用した草刈り機。

チップソーを使用しているが、チップがなまってくると、作業に時間がかかるばかりでなく、草刈り機本体に無用な負荷がかかかかるので、注意が必要だ。

そんなとき、チップソー研磨機が便利だ。チップソーを研磨することで、チップソーの寿命を延ばすことができる。

チップソーは、チップが残っている限り、研磨することで、何度でも使用可能となる。

 

 

ハチミツの低価格化の秘密

 

国内で販売されているハチミツの95%が輸入品で、9割が、何かと話題にあがる中国産だ。

つまり、お店で売られているハチミツのほとんどが中国産ということだ。

日本の商社は、キロ単価2000円レベルの安いハチミツを中国から輸入しているそうだ。

 

では、どうして安いハチミツを中国から輸入できるのでしょうか?

中国では、ハチミツの生産効率を上げるため、巣から未完熟のハチミツを採取してしまうのだ。そして、80度前後の加熱処理で水分を飛ばして糖度を上げるらしい。日本の輸入規制で、ハチミツに含まれる水分が20%以上だと、輸入できないためだ。

さらに輸入されたハチミツは、効率よく瓶詰めするために、さらに加熱処理されることで、日本人好みの、結晶しにくく透明度の高いハチミツに加工されるということだ。

ハチミツの組成は、10度加熱されると10%破壊されるとされ、例えば60度もの高熱で加熱されると、天然ハチミツのほとんどの組成が失われるとのことだ。

ということは、熱処理により、ハチミツの成分である酵素やビタミン、ミネラルなど貴重な栄養成分が破壊されて、ハチミツ本来の芳香まで消えてしまったのが、安価な中国産ということか?

こうなると、単なる「甘味料」である。

 

ちなみに、こんな話もある。

中国では最近、ハチミツと称していながら、ハチミツがまったく使われていない偽物が大量に出回っているらしい。中国の蜂蜜の8割は偽物だったということだが、日本で売られている蜂蜜は大丈夫なのか?

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1322528039/-100

 

 

参考

川島茂 著 「ハチミツの「危ない話」」

上之次郎 著 「ミツバチが泣いている」

 

 

 

いざ、分蜂群捕獲へ

分蜂群捕獲のための巣箱の設置には気を使う。

巣箱やキンリョウヘンの数に限りがあるからだ。

効率良く捕獲するには、偵察蜂が来そうなところ(自然巣が形成されそうなところ)に巣箱を設置する必要がある。

今回は、下の写真のような森に巣箱を設置することができた。

直射日光は木々によって適度に遮られている。理想的だ。

実はこの森、耕作放棄地で、以前は栗畑であったらしい。

しかも嬉しいことに、巣箱やキンリョウヘンが道路から全く見えないのだ。

 

設置した次の日に、偵察蜂を確認(下の写真)。

巣門近くを飛び回ったり、巣箱に出たり入ったりして、いかにも「偵察」という感じだ。

もはや、キンリョウヘンへの興味は無くなっているようだ。

 

さらに三日後には、より多くの蜂が巣門付近に群がっていた(下の写真)。

偵察というより、巣門の清掃、あるいは扇風によって巣箱内の温度調整(?)を行っているように見える。

また、遠方に飛び立つ蜂や、逆に戻ってくる蜂も確認できた。

このような状態でキンリョウヘンは不要だ。さっそく撤去した。

 

薄暗い杉林(下の写真)でも分蜂群の捕獲は可能でしょうか?

崖の下は湿地帯で、以前は水田だったようだ。現在は耕作放棄地。

巣箱とキンリョウヘンを設置して10~15分経過した時点で、キンリョウヘンの周りに蜂を確認。

こんなところにも原種はたくましく生きているようだ。

しかし、今のところ、この巣箱において分封群の入居は確認出来ない。

逃避群の入居を期待して、もう少し、このままにしておくことにした。

 

一方、こちらの杉林(下の写真)に設置した巣箱には、見事に分封群が入居したのを確認。

巣箱の右側の杉は立ち枯れ状態で、自然巣が作られそうだ。

そう考えると、設置した巣箱は、立ち枯れ状態の杉に勝った、ということか?

巣箱の後ろ側(北側)は、昨年までは篠林であったはずだが、いつの間にかそれが伐採されていた。光が適度に入ってきて、いい感じだ。

 

 

すっかり、気をよくして、上の写真の巣箱より、西側(写真の左側)に20mほど離れたところに、もうひとつ巣箱を設置してみた(下の写真)。

1週間後、分蜂群の入居を確認。

ここで問題です。

中古の巣箱と、未使用の巣箱を並べ、キンリョウヘンを中央に配置(下の写真)した。

中古の巣箱(写真右)には、営巣跡がしっかり残っている。他方、未使用の巣箱(写真左)には、蜜蠟や蜂蜜で、営巣跡を偽装した。

さて、分蜂群は、どちらに入居するでしょうか?

結果は、未使用の巣箱(写真左)に入居。

新品に比べて中古のほうが蜂の入居率が高いことが知られている。

中古の巣箱は、蜂も安心するのでしょう。

しかし偽装を上手にやれば、中古の巣箱に負けないのだ。

 

 

とはいうものの、こんな失敗もある。

写真の左側の巣箱は、分蜂群捕獲用に4年前に作成したもので現在不使用。写真右側の巣箱が、今年の分蜂群捕獲用だ。

高さ調整のために左側の巣箱を台に使用することにした。

 

 

丁度、こんな感じです。

当然、上の巣箱に入居するでしょう。

 

でも、実際には、下の巣箱に入居。

それに気づいたのは6月に入ってからで、巣箱いっぱいに巣が形成されてしまった。しかも箱が重い。蜜が溜まっているようで、今、この巣を壊すのは惜しい。

しかしこの巣箱は、構造上、内部の掃除ができないので、このまま使用するわけにはいかない。

 

 

とりあえず、蜂が入っている状態で巣箱の横板(下側の板)を外し、それを重箱の最上段として巣箱を再構築することにした。

電気ドリルの振動が蜂を刺激したようで、隙間から大量の蜂が出てしまった(右の写真)。

 

威勢の良い蜂が体当たりしてきたものの、刺されないで済んだのは幸いでした。

ちなみに、この群れは、現在、非常に安定しています。

 

 

 

ところで、分蜂群捕獲に失敗した巣箱はどうされますか?

夏分蜂、あるいは逃避群の入居を期待して、そのままにしておきますか?

しかし、空き家をそのままにしておくと、蟻に占領されたり、スズメバチに占領されたりします。

先日、空の巣箱にスズメバチが頻繁に出入りするのを確認したので、巣箱をひっくり返してみると(下の写真)、これは???

スズメバチ(女王)の営巣か?

働きバチが生まれると面倒なので、この巣箱は早めに撤去。