月次アーカイブ: 12月 2015

3件のコメント

ミツバチは、越冬するために蜂蜜を蓄える。採蜜は、その大切な蜂蜜を少しだけ頂戴することだが、多く取ると、越冬のための食糧が減ってしまうので、給餌が不可欠となる。

 

以前は、発砲スチロール製の容器で給餌していたが、今回は、専用の給餌器を使用してみた。この給餌器は、タンク部と給餌部から構成される。

 

AH 養蜂 巣門 挿入 給餌 器 日本 蜜 蜂 西洋 蜜 蜂 小型 518型 (10個)

 

2016y01m30d_232423824

設置は極めて簡単だ。タンク部に砂

糖水を入れてから、給餌部を巣門に差し込むだけ。

ミツバチが給餌部の砂糖水を吸うと、その分、タンク部から給餌部に砂糖水が供給される仕組みだ。

 

取り外しも簡単だ。巣箱が多い場合、とても重宝すると思う。

 

 

 

 

給餌部の高さは10mmあるので、巣門はそれを許容できる大きさでなければならない。7mm程度に固定された巣門では、使用できないので要注意だ。

 

 

スノコ式の場合、スノコの上に置くこともできる。この場合、盗蜜の心配はいらない。